マルコとハイジの7日間


マルコとハイジが行ったとこ、食べたもの、感動したものを紹介します。それから日々のできごとをゆるゆると。
by marco-heidi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:グルメ( 36 )

地中海クルーズ 2015 スペイン• マヨルカ島

とぎれとぎれでなかなか終わらないクルーズ日記042.gif

5日目のお昼ころ、マヨルカ島•パルマ デ マヨルカに到着!
d0188407_19481253.jpg
お天気よさそう! 058.gif
=暑そう042.gif

歴史あるマヨルカ島は、結構大きな島らしく、
一番大きな街、ここパルマデマヨルカは
スペインでも8番目に人口の多いところだそう。

体力をムダに消費しないよう、まずはタクシーで街の市場へ直行071.gif
d0188407_19502421.jpg
地元民の台所、オリヴァー市場を散策
d0188407_19435175.jpg
色とりどりのピチピチ魚介類が豊富!
お野菜も新鮮そうで、ウキウキします060.gif
市場大好き053.gif

場内のバルでランチを試みる。
d0188407_19435838.jpg
混雑するバルで地元の人に混じり、果敢に挑みゲットできたタパスは格別のお味043.gif
やっぱり地中海は魚介類がおいしいのです038.gif

お寿司が流行ってるみたいで、お寿司屋さんが4店舗もありました。
d0188407_20002841.jpg
海苔巻きの道具や、日本の調味料などの品ぞろえも豊富でした005.gif

4年前に初めてバルセロナを訪れ、
スペインの、なんというか、洗練された美しさというか、
古いものとモダンなものの調和の美しさとか
平たくいえば、おしゃれ感が037.gif
イギリスともフランスともイタリアとも違って
なんともすてきな所だなぁと感銘を受けたのですが、
このマヨルカ島でもそれを少し感じることができました。

街全体が、なんとな〜く整然としているというか
こざっぱりしているというか。
d0188407_19434695.jpg
田舎っぽいのどかさもあるんだけれども、
ショーウィンドーのディスプレイも、なんとなく洗練されている

アイスクリーム屋さんですら。
d0188407_19440294.jpg
4年前以来、すっかりスペイン好きになってしまった
わたしのひいき目?037.gif

街をプラプラ歩いて海辺に戻り、
d0188407_20051122.jpg
大聖堂に入ってみることに。
d0188407_20073822.jpg
13世紀から400年近くかけてできあがったという、壮大で美しい聖堂。
中央部分の高さは、44メートルもあるそうです。
サグラダファミリアといい、スペイン人て氣が長いですね012.gif
d0188407_20215810.jpg
内部も重厚で、とてもとても美しい。

20世紀には、あのガウディが修復を手掛けたという祭壇も有名です。
d0188407_20240235.jpg
やっぱり、ちょっぴり独特な感じでした。

マヨルカ島も、おいし、楽し、暑かった011.gif
d0188407_20283543.jpg
この日は初めて22時の出航だったので、地元のバルでごはんでも?
とも思ったのですが、せっかく最後の夜なので、お船を存分に楽しむことに。

ビュッフェに行ったら、巨大なパエリア003.gif
d0188407_20284149.jpg
寄港地の名物が夜ごはんに並ぶことが多いのです。

夜景はキレイだったし
d0188407_20282668.jpg
やっぱりお船にして正解でした045.gif

<おまけ>

これは完全に自分用の記録です。

ふだん、おうちサロンでお顔やお身体のお手入れをさせていただいているので、
基本、手はノーカラーで常に深爪のわたくし。
d0188407_20283904.jpg
出発前に、久しぶりにネイルしてもらってうれしかった一枚016.gif









[PR]
by marco-heidi | 2015-09-07 20:40 | グルメ | Comments(0)

アフタヌーンティ@アマン東京

月末の両親の合同お誕生日会と称し
帰国中の姉と一緒に、アマン東京に行ってきました。
d0188407_10571723.jpg
大手町に昨年末オープンした、シンガポール本社のリゾートホテル。
つい最近それを知って、これはゼヒ!とあこがれていたのでした。

予約したラウンジのある33階に着くと、
天井が高く広々としたロビーが。
d0188407_10572567.jpg
洗練された和モダンとでも申しましょうか。
東南アジア系のスタッフの民族衣装がリゾートっぽくもあり。
とても素敵な雰囲気です045.gif

お琴の演奏もされていました。
d0188407_11451799.jpg
お琴の曲調もコテコテの和ではなく、モダンな感じ060.gif

ラウンジの高く大きい窓からは、
千鳥ヶ淵から新宿方面
遠くは富士山までが見渡せる071.gif
d0188407_10571374.jpg
ゆったりした開放的なプチリゾート気分に、すっかりくつろいで。
両親もご満悦003.gif
d0188407_12185548.jpg
こちらのホテルは黒がテーマカラーということで、
アフタヌーンティもユニークな
『ブラックアフタヌーンティ』
d0188407_11275905.jpg
マカロンやパンまで、炭を使って黒くするこだわりよう005.gif

チョコレートなどで、バッグ・靴・お帽子・指輪などなど
繊細で美しい技巧が凝らされています038.gif
d0188407_11273311.jpg
ダイヤ型のチョコの中には、フルーツのゼリーが隠れていました005.gif

もちろん、小さくてもひとつひとつ、お味も抜かりがありません034.gif
オープンサンドのパテや、フォアグラを使った小さいおつまみなど
どれもこれもとてもおいしいのです038.gif

アイデアと、手間と技術に感服040.gif

最上階にもうすぐオープンするというカフェも楽しみです。

ゆったりとした美しい空間で、今年もお誕生日をお祝いできて
なによりでした045.gif

また来年も、お元氣でお祝いさせてください035.gif


プレゼントは
d0188407_12381142.jpg
恋するうーちゃんクッキー053.gif
(残念ながら、手づくりではありません011.gif

うーちゃんの14歳のお誕生日は
来月また改めてお祝いします006.gif








[PR]
by marco-heidi | 2015-03-27 12:46 | グルメ | Comments(0)

週末 息抜きランチ

昨日は休日なのに、マルコは緊急対応でご出勤007.gif

あら・・・せっかくのお休みなのにかわいそう046.gif
せめてランチにおいしいもの食べよう!と、マルコのオフィス近くへ押しかけました。

せっかくだから、平日昼間には激混みしているという
1月半ばにオープンしたばかりの、アークヒルズサウスタワーのさんて寛さんへ。

大阪の人気店・きじさんの系列店だそうです。
さすがに土曜日の12時前だと、先客は一組だけでした。
やったー071.gif
d0188407_17142066.jpeg
コテのシャンデリアが圧巻037.gif なシャレオツな店内。

お皿もかわいい♪ 期待が膨らむ060.gif
d0188407_17140688.jpeg
ほどなくして運ばれてきたのは、
本場関西風のねぎたっぷりのすじ焼き(左)と
太麺焼きそば入りモダン焼き(右)
d0188407_17141204.png
テーブルに鉄板がありますが、できあがったお好み焼きを運んでくれて
ずっとアツアツで食べられるというシステム
(関西ではこれが普通?
そういえば、かつて1時間並んで入った丸の内きじはこのスタイルでした
って、系列店か!)

とろとろの生地で、すっごくおいしかったです035.gif

関西のお好み焼きソースは、かなり甘めでコッテリ系ですね。
小ライスいっちょう!と言いたくなってしまいました011.gif
(あるかわかんないけど037.gif
関西人が、お好み焼きライスを食べるっていうのが妙に納得いきました045.gif

その後、よくドラマなどの撮影でも利用されるおしゃれカフェ・ランディさんでお茶063.gif
d0188407_17142490.jpeg
あたたかいという触れ込みだった割には寒かったけど、
大好きなテラス席のストーブ横でぬくぬくお茶をいただきました043.gif

思いがけずに並ばないであのお好み焼きが食べられたし、
いつも通り過ぎていただけのカフェでお茶できたし、
いい気分転換になった!
とお仕事に戻っていったマルコでした。

たまには人気のないオフィス街を散策するのもよいかも♪
今度は、おやすみの日にゆっくりおでかけしようね045.gif



[PR]
by marco-heidi | 2014-01-26 17:42 | グルメ | Comments(2)

初冬の東京 おいしいお寿司


おひさまがつくづくありがたくなる季節になってきました058.gif
お部屋にたくさんおひさまが入ってくるのが、とってもうれしい045.gif
d0188407_0111662.jpg

ベランダのブルーベリーも、真っ赤に紅葉しております。

先週に引き続き、神宮外苑のいちょう並木にもう一度行ってみました。
d0188407_0111399.jpg

黄葉がさらに進み、夕陽に照らされるいちょうも美しかった038.gif

残念ながら、ギンナンは不作でしたが007.gif
今年も『下ばかり見ないで、きれいないちょうを見なよー』とマルコに呆れられながら
ぎんなに拾いにいそしんだのですが、気候のせいなのか、
去年いっぱいあったから、今年は強めの剪定をしてできないようにしたのか
はたまた、朝からみなさんがたくさん拾っていらした後だったのか・・・
やっと30粒ほど拾えたので、大事にいただきます♪

さて、全然関係ありませんが、ひと月ほど前にテレビを見ていて、激しくお寿司が食べたくなり、
マルコの会社が加入している健康保険組合にあるお寿司屋さんが評判がいいよ、ということで
行ってまいりました070.gif
d0188407_0105854.png

こちら、被保険者と扶養家族はオトクにご利用できるということで、予約が1か月も取れなかった
ので、待ちに待ったお寿司となったのです。

お酒を飲む飲むたしなむマルコはすし会席コース。
とにかくお寿司を食べたかったわたしは、にぎりコースを予約していました。
最初の写真はにぎりコースのものですが、まったくもって期待以上でした038.gif

かわはぎ、こはだ、すみいかと、この時期においしいお魚からはじまり、
中トロ、ヅケは、冷蔵庫から出して少し時間を置き、よりとろり感が感じられるひと手間でおいしい♪
大トロは炙って、強い脂を少し溶かしてくれています。とろける~071.gif
そして、先ほどまで生きていたという車エビは、30秒ゆでて、プリッと食感は残しつつ
甘みが増していて、これまた美味!

しまあじ、炙り〆サバも絶品で。
はー。思い出してもよだれが出そう012.gif
想像以上に大満足でございます043.gif
d0188407_0105550.png

サービスで出してくれた煮はまぐりのにぎりも、
1時間半かけてじっくり焼かれた、プリンみたいな卵焼きも、
半分に分けて、お塩とタレで二度おいしかったあなごも、
みんなみんなおいしゅうございました♪

これで3150円はかなりオトクです005.gif
会員が同行すれば、一般の方も利用することができますが、同じメニューもお値段は5250円。
それだけ出したら、それなりかな~って感じもしちゃいますね023.gif

初めてのお寿司屋さんでカウンタに座るのは勇気がいりますが、
コースがわかっているとちょっと安心012.gif
とっても感じのよい板前さんに握っていただき、
それぞれに合う味付けで出していただき、
大満足なお寿司体験でした043.gif

ちなみにこの保健組合は、リゾート保養施設もかなりレベルが高いらしく、
マルコの同僚も、転職を考えているときには、『ココの保険組合に入ってる会社にして!』
と奥様に条件を出されたりするということ037.gif

マルコが今の会社で頑張ってくれているうちに、我が家ももっと利用させていただきたいと思います001.gif


帰り道、住宅街を歩いていて見かけたのは
d0188407_011517.jpg

ドロボー!
かと思いきや、プレゼントを届けにおうちに入ろうとしているサンタさんでした001.gif






[PR]
by marco-heidi | 2013-12-06 22:49 | グルメ | Comments(0)

神楽坂 辛いもの・甘いもの


ぽかぽかで、おひさまたっぷりの週末だった東京058.gif
d0188407_2053087.jpg

昨日の朝、たまたま早朝に目が覚めたら、まぶしいばかりの朝陽を拝むことができました035.gif
もちろん二度寝しちゃいましたけど037.gif

今日は神楽坂までおさんぽし、前からずっと気になっていた中華料理店・ルウロンさんでランチ。
ご長寿TV番組・チューボーですよで、坦坦麺が紹介された、四川料理のお店です。

坦坦好きのマルコはもちろん坦坦麺ランチ。
私は、辛いかなーと心配しながらも、花山椒入りの陳麻婆豆腐をオーダー043.gif
d0188407_20524117.jpg

辛いのはあんまり得意ではないけど、麻婆豆腐は山椒がたっぷりがやっぱりおいしい♪
辛さの中にもうまみがあって、大満足のランチでした038.gif

マルコの担々麺も、ゴマが濃すぎず、辛さがガツンとくるとてもおいしいタンタンだったそうです。
頭まで大汗をかきながら食べてました042.gif

デザートの杏仁豆腐は、抹茶味の層が上にかかっていて、とってもマイルド043.gif
アツく燃えたお口の中を、ほどよく冷やしてくれました045.gif

辛いものを食べたから、というわけでもないのですが、食べログでもとても評価の高い
カーヴァンソンさんというケーキ屋さんへ。
d0188407_21124945.jpg

かのジャンポールエヴァンで修行されたというパティシエのこだわりのケーキが並ぶ
小さいながら、行列のできる名店なのです!
今日もお店からはみ出るほど、小さな店内は満杯でした005.gif

辛党のマルコもノッてくれたので(ありがとう!)、入店してから
なんだかんだ30分くらいかかってしまいましたが
やっとのことでモンブランとショコラミルフィーユをお持ち帰り060.gif
d0188407_20524631.jpg

モンブランは濃厚で、台はさくさくでもちろん美味001.gif
チョコのミルフィーユは、ビターで甘すぎず、軽くペロリといけるおいしさでした070.gif

今日は辛いものと甘いもの、両極端だったねーと後から思いました037.gif
静かであたたかい週末。

来週も楽しんでまいりましょう035.gif






[PR]
by marco-heidi | 2013-11-17 21:59 | グルメ | Comments(0)

まぼろしのヨーグルトとバウムクーヘン


先日のお誕生日、あるお友達からものすごいものが届きました。

まぼろしのヨーグルト。その名もクレマドール
d0188407_1944222.jpg

なんと都会的な!
ジャムのような瓶に入り、立派な箱にとリボン付きです!016.gif

だいぶ前にテレビでチラッと見たことがあって、
『ほー。そんな高級なヨーグルトがあるのだなぁ005.gif
と感心しつつも、自分はお目にかかることがないであろうと思い込んでおりました。

選りすぐりの原料(生乳・ハチミツ・お砂糖のみ!)をかなりこだわった製法
で作られるこのヨーグルトは、高級な上に、ネット販売でもすぐに売り切れてしまい、
なかなか手に入れるのが難しい、超貴重品034.gif

それがなんと、このたび我が家にやってきてくれたのです060.gif

どうしよう!ドキドキしちゃう012.gif
となかなか開けることができなかったのですが、
何日かワクワク感を楽しんで、先日やっと開けました
d0188407_1944563.jpg

高級化粧品のようなパッケージを開けると、高級クリームのようなヨーグルトの
まったりとしていながら、さわやかな香り。(表現ヘタすぎ011.gif

期待が高まり、ドキドキしながら、ちょっぴりずつグラスに出してみる。
d0188407_1944812.jpg

なんと表現しましょうか。
舌にまとわりつくような濃厚なクリームのよう016.gif
ハチミツ風味もたっぷりで、もう、おいしい!!としか言いようがありません071.gif

はーしあわせ060.gif
こんなことはなかなかないから、明日うーちゃんにもちょっぴり舐めさせてあげよう012.gif

貴重な経験ができました。ほんとにありがとう035.gif


そして、もうひとつのまぼろしがこちら。
d0188407_194351.jpg

ん?百科事典??039.gif

と思いきや、なんと
d0188407_1943824.jpg

お友達の出産内祝いとしていただいた、
バウムクーヘンとジャムのギフトボックスでした016.gif

超有名な兵庫県のパティシエ・エスコヤマのもの。
本格的にお菓子を学んだお友達ふたりが絶賛するお店のバウムクーヘンは、
バターのたまごの香り高く、超しっとりでさすがの絶品038.gif

バウムに眼がない&めったにお取り寄せをすることがない私には、
とってもうれしいものでした035.gif

どうもありがとう035.gif



おいしい上に、パッケージもおしゃれで、相手のこと考えたステキな贈り物を
選んでくださったお心遣いがとてもありがたく、癒されます。


ごちそうさまでした035.gif





[PR]
by marco-heidi | 2013-05-28 23:50 | グルメ | Comments(0)

あこがれの一軒家レストラン エメ・ヴィベール


昨日はとってもよいお天気058.gif
あたたくて、お花見日和でした
d0188407_11987.jpg

市ヶ谷のお濠端をお散歩してみたら、満開間近の桜がとってもキレイでした001.gif

そして、3月末に2日違いでお誕生日を迎える両親のバースデーランチのために
麹町に向かいました。
d0188407_1191178.jpg

エメ・ヴィベール

ミシュラン2つ星の、すてきな一軒家レストランです。

ずっと気になっていて、何回か予約のトライをしてみたことがあったのですが、
週末はほとんどウエディングで貸切になってしまうので、なかなかかなわず・・・
有休消化キャンペーン中のマルコにお休みを取ってもらって、今回やっと伺うことができました001.gif

少し早く到着すると、2階のウェイティングルームに案内していただけました。
d0188407_1192463.jpg

さすがの☆☆一軒家レストラン、パリ郊外の、イルドフランスの別荘をイメージして建てられた
という建物は、内装もゴージャスで、興奮するわたしたち043.gif

非日常の優雅な空間にしばし酔いしれる。
窓に春の陽射しがたくさん差し込んで、明るいのがうれしい♪
こういう雰囲気、大好き!!016.gif

お食事の前に、よろしければお庭をご案内させていただきます、とお庭へ056.gif
d0188407_1192736.jpg

芝生がハートの形になっていて、ドリカムのPVの撮影に使われたこともあるとか・・・
石楠花が一本植えられていて、ハートを射抜く矢に見立てられているそうです045.gif

お手入れが行き届いたお庭はとってもキレイで、素晴らしい陽気も手伝ってほんとに気持ちいい。
ウエディングで人気なのもうなずけます045.gif
こんなに気持ちよくお過ごしいただけるのは、一年のうちでも何日もないですよ、なんて
言っていただけると、ますますテンションが上がり、おすすめいただくままに
のんびりお庭で食前酒を楽しませていただいちゃいました016.gif
d0188407_119345.jpg


広々としたホールに入ると、お庭を眺めることができる、すてきなお席に通していただけました。
アミューズは、クリーミーなパプリカのムース。
そして、アツアツのパンがおいしくてビックリ!
しっかりと焼かれているのに、外はちっとも固くなく、さくさくとクッキーのような食感で、
中はもちもち!粉の香りがとってもよくて、あまりのカンゲキに感想をお伝えすると、
なんと、ルクセンブルクから空輸されるということ!
現地で半焼きにして瞬間冷凍し、お店でアツアツに焼き上げているというこだわり。
先日うかがったフロリレージュさん、やレザンファン・ギャテさんでも
仕入先で途中まで焼いて冷凍したものを、お店で仕上げ焼きする、ということだったので、
こだわるお店は、お料理だけでなく、パンにもこだわるのねぇ、と感心045.gif
それにしても、ルクセンブルクとは!005.gif

前菜。
上の写真は、父のオマール海老のサラダ。柑橘フルーツのソース。
左下は、マルコのたらば蟹とサーモンのテリーヌ仕立て。フランボワーズソース。
右下は、母とわたしの、フォアグラのポワレとホワイトアスパラ。
d0188407_1193811.jpg

ホワイトアスパラに惹かれて、地味なフォアグラを選んだ女子チーム。
男子チームの華やかなプレートに釘付けになりました037.gif
わーキレイ!と歓声をあげると、春らしい盛り付けになっております、とのこと。
お料理で季節を感じられるのは、日本食だけじゃないんですね043.gif
もちろん、フォアグラはあつあつトロトロでうまうま。
男子チームの冷たい前菜も、さわやかなフルーツのソースで、とてもおいしかったようです。

わたしたちの選んだコースは、この後スープがあり、お魚かお肉のメインを選ぶもの。
銀のふたをかぶせられたプレートが運ばれ、いっせいに開けてもらうと、美しいメインたち。
(写真のバランスがよくないので、メインが小さくなってしまっています025.gif
d0188407_1194287.jpg

写真左上は母のほたて、右は父のほろほろ鳥。
左下はマルコのシャロン鴨(先週知ったばかりの、由緒ある鴨です!)、右はわたしのメバル。

メバルの蒸し焼きは、きのことバターのソースに、お野菜とレモンが利いていて
さわやかだけど、クリーミーで、お魚もふわふわで、とってもおいしかった!
って、もうそれしか言いようがない037.gif

デザート左は、父と母のショコラのテリーヌに、お祝いプレートが添えられたもの。
d0188407_1195011.jpg

両親のお誕生日なのです、とお伝えしたはずだったのですが、ふたりのお誕生日を一緒に
お祝いすると思わなかったのか、結婚記念日ってことになってました037.gif
でも、雰囲気よね045.gif

右は、マルコの、マカダミアのパルフェとフルーツサラダ。
スイーツに関してはこってり系のハイジ家と、さっぱりマルコの好みがはっきり分かれるところです。
もちろん、こってり系も、さっぱり系も、それぞれ好みにマッチして、たいへんおいしくいただきました。

最後、プティフールはワゴンサービス。
d0188407_1195732.jpg

もうおなかいっぱいなのに、やっぱり目の前に並べられてしまうと、
ついつい欲張ってしまうのは親ゆずりのようです037.gif

目も、お口も、おなかも大大満足なお料理。
やっと訪れることができたあこがれのレストランは、空間もサービスも本当に素晴らしかったです。
季節ごとにお庭の変化も楽しめるというエメ・ヴィベールさん、ベストレストランのひとつです。
またぜひ伺いたいと思います。

最近、おいしいものは好きだけれど、特別に美食家ではないのではないか、と思っているわたし。
お料理がおいしいことはもちろん大事なのですが、それよりも、
心地よい環境で、気の合う人たちと、楽しくおしゃべりをしながらいただけば、
おいしいお料理はよりおいしく、そうでなくてもそれなりに(なつかしの樹木希林さん風)
楽しめると実感しています。
いやいや、と言うより、おいしいと思えるものがたくさんあって、しあわせですね043.gif

またこのレストランも来たいし、他にもすてきなお店がたくさんあるし、
おとうさん、おかあさん、いつまでもお元気で、おいしいものを食べてお祝いしましょうね。
そして、わざわざおやすみを取ってくれたマルコ、どうもありがとう!

思いがけず、2週間のうちにおいしいフレンチを3回もいただいてしまいました。
その間にも、愛知からお友達が来ていたりで、おいしいものをたくさん食べて、
少々カラダの重さを感じています・・・012.gif
しばらくは、おとなしくして体調を整えなければ035.gif


[PR]
by marco-heidi | 2013-03-23 19:23 | グルメ | Comments(0)

テリーヌの饗宴 レザンファン ギャテ


昨日はわたしたちの3回目の結婚記念日001.gif
というわけで、マルコがすてきなディナーを予約してくれました。
代官山のレザンファン ギャテさん

6年連続ミシュラン☆、美しいテリーヌが特徴の、とってもすてきなお店です。
d0188407_1315143.jpg

アール・デコとミッド・センチュリー・モダンが融合した、おしゃれな空間。
入り口のバーコーナーにあるショーケースには、クラシックなテリーヌ型が並んでいてワクワクしちゃう060.gif

前菜にテリーヌを2種選べるコースをお願いして、常時9種類あるという
魅力的なテリーヌたちから、ふたりでかぶらないように厳選しました。

すると、『追加料金になりますが、半分ずつを4皿でお出しすることもできますよ』
と言っていただけたので、迷わずお願いしました001.gif
d0188407_12324421.jpg

左上はアミューズの、天使の海老とさといものテリーヌ。
さすが、アミューズからテリーヌとは!ぷりぷりのえびとねっとりしたさつまいもが、
スモークされた生クリームと合ってます♪

右上は、20種類の元気なお野菜がギュッとつまったテリーヌは芸術品!
それぞれのお野菜のゆで時間などにもこだわり、ちがう食感が味わえるように工夫されていて、
ひとつひとつがとってもおいしい♪ きれいに切れていることにも感動でした038.gif

左中は、本日のテリーヌより、ささみとポロねぎのテリーヌ。
半生のねっとりささみと、ポロねぎの甘さがひきたつテリーヌに、フォアグラの
あたたかいスープが添えられ、交互に召し上がってください♪ というニクい演出034.gif
もちろん、濃厚スープとトリュフのソースとぴったり合って、とっても美味でした。

右中は、オマール海老とういきょうのテリーヌ。
オマール海老もごろごろしていて、ピンクペッパーがピリリと利いて、
あわあわのにんじんカクテルと一緒に、おいしくいただきました043.gif

左下は、ナチュラルに仕上げたフランス産 鴨フォアグラのテリーヌとブリオッシュトースト。
濃厚でなめらかで絶品!!
添えられているリュバーブのコンフィチュールの酸味がさわやかなアクセントでした。

右下は、パンのお供のサーモンのリエット。
これもテリーヌ風になっていて、クリーミーでおいしい!!
パン(これも絶品!)がどんどん進んじゃうと、パンもリエットもお代わりをいただけます011.gif

どれもほんとにおいしくて、ここまででかなりのボリュームだし、かなりの満足感でした。

そしてメイン登場。
d0188407_12402716.jpg

左はわたしの、フランス産鴨胸肉のロースト。
鴨とは思えないやわらかさ、ジューシーさに感動038.gif
おいしいですね~と思わずお話したら、有名なビュルゴー家のシャラン鴨というのだそうです。
なかなか貴重な鴨のようです。

右はマルコの、ひらめのソテー。
バターソースでシンプルめでしたが、セロリ、トマト、パンチェッタが添えられていて、
ふわふわ、とってもおいしかったです。(ひとくちもらってもちろんチェック!)

は~しあわせ053.gif
と余韻に浸っているところでデザート登場。
d0188407_13552683.jpg

左はわたしがお願いした、
メープルとマスカルポーネのサバイヨンでキャラメリゼしたいちごのサラダと
ゆずのソルベ
さっぱりさくさくおいしくて、おなかいっぱいでもペロリ011.gif

右上は、マルコのモンブラン。
不思議なお皿を見て、おぉ!富士山!と言ってしまったら、
『モンブランということで♪』と笑顔で訂正されてしまいました。037.gif
栗クリームが入ったドーナツのようなものを、頂上部分に入っている
ミルクとチョコレート(だったかな?)のソースに浸していただく、変わりモンブラン。
黒ビールのおとな味アイスクリームも添えられて、辛党マルコも終始ゴキゲン036.gif

右下は、最後の小菓子。
葉巻に見立てたあたたかいエクレアに、別添えのクリームをお好みで。
カフェモカ、きなこ、バジルのクリームが、甘すぎず、おとなな感じでおいしかった♪

最後のお茶まで凝っています。
d0188407_12542577.jpg

お茶系は、12種類のハーブや紅茶を、香りを嗅ぎながら選ぶことができます。
お願いすれば、ブレンドもできるそう♪ 
わたしはコーヒーをお願いしたら、お砂糖までかわいくて053.gif

美しくて、おいしくて、サービスの方もとっても感じがよくて、
ジャン・ルイ・コケ社の食器やクリストフルのカトラリーもとっても素敵で、
ほんとに素晴らしいお店だね、とカンゲキに浸っていると
(マルコは、今まででベストレストランかも!!とまで言うほどのお気に入りよう043.gif
まさかのお祝いプレート登場005.gif
d0188407_12545423.jpg

シャイなマルコが、そういうお願いをしてくれないことはわかっていたので044.gif
まったく期待はしていなかったのですが、風のウワサで・・・と。

実は、お店に入ってオーダーが済んだころ、隣に座ろうとした方が突然、
マルコの肩をたたいてドキッとしたら、なんと元同僚の方だったのでした。
『今日は結婚記念日で来たんですよ。奇遇ですね~』なんて世間話を少しした後、
あちらもご夫婦でいらしていたので、すぐお隣でっていうのもねぇ、とお店の方も配慮してくださり、
おふたりは少し離れた席に移動していただいちゃいました。
いつの間にかお店を去られていて、ごあいさつできなかったね、なんて言っていたのに
お店の方にこっそり『あのふたりは結婚記念日らしいですよ』とお話してくださったそうなのです。

さりげなくてかっこいいねー。なんて感動していたら、帰りにはなんと、
お持ち帰り用のテリーヌまでいただいてしまいました!
d0188407_1255395.jpg

しかも、手書きのメッセージまで添えて。
『だから黙って帰ろう、とおっしゃってましたよ』とお店の方。
なんて感動!カッコイイ!ありがとうございます!

こういうオトナになろう!!とマルコも大興奮045.gif

先日、すでにお祝いしていただいたsuzuranちゃんにも、また
かわいいお花をいただいてしまってカンゲキ043.gif
d0188407_12552714.jpg

ありがとうございます!

わたしたちがこうして日々おだやかに暮らせるのは、本当にたくさんの方々に
支えていただいているからなのだな、と節目に実感いたしました。
みなさまにお祝いしていただいて、わたしたちも、だれかに喜んでいただける
あたたかい人になりたいね。と思うのであります035.gif

興奮しすぎて、長々失礼しました012.gif

<おまけ>

実は前日にもうひとつお祝いをいただいていました。
d0188407_12553643.jpg

ロンドンの姉夫婦から届いたのは、Tシャツ(わたし用)とひつじのキーホルダー(マルコ用)037.gif

Tシャツには
『結婚とは、片方が正しくて、もう片方が夫』と書かれていました005.gif
ジョーク好きの義兄が選んだのだろうと思っていたら、やはりその通りで、
先月の姉夫婦の結婚記念日に姉ももらったのだそう037.gif
自虐的なジョーク、マルコも納得045.gif笑わせていただきました。

いつも笑顔をありがとう058.gif
今度お母さんにもあげてね011.gif

[PR]
by marco-heidi | 2013-03-15 14:46 | グルメ | Comments(2)

あこがれの青山・フロリレージュ


急にあたたかくなってまいりましたが、
春の嵐が、強風の砂嵐になってしまった東京046.gif
花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか007.gif

かくいうわたくしも、今年本格デビューしてしまいました025.gif
が、そんなにひどくないことと、ブリージングストレッチ本院の古久澤先生のお説によると
『花粉は天使』
つまり、冬の間に溜め込んだカラダの中の老廃物が、花粉に反応してデトックスできるチャンス!
とおっしゃっているので、これはカラダの中がキレイになるのだな~とありがたく
お付き合いさせていただくことにします006.gif


今日は、お友達のsuzuranちゃんご夫妻に、マルコと一緒にランチをおよばれしました053.gif
青山のフロリレージュさん

食べ歩きがご趣味の、おいしいもの好きのおふたりが、ここはおいしい!と
足しげく通っていらっしゃるあこがれのお店060.gif
予約を取るのも難しい大人気っぷりのランチをいただけるなんて、なんたる光栄016.gif
と、とても楽しみにうかがいました。

オトナスタイリッシュな店内はとってもすてき。
お料理への期待もますます高まってしまいます。
d0188407_18452594.jpg

アミューズは、グリーンオリーブのフレンチトースト風(名前うろ覚えのため、私のイメージで)
自家製のブリオッシュ風のパンをグリーンオリーブの液に漬けて焼いたものだそう。
ふんわりしっとり、とってもおいしかった♪
そして、自家製ではないそうですが、こだわりのパンもとってもおいしい♪
(最近、パンはやっぱり買ったほうがいいんじゃないか?と思いはじめてるわたしです037.gif

前菜は、『初めての方にはこちらをお試しいただきたい』という、
フォアグラとメレンゲのコントラスト。
d0188407_18454553.jpg

前菜のボリュームとは思えない、ふわっふわトロトロのフォアグラと
さっくり焼かれた、お菓子のようなメレンゲを一緒にお口にいれて混ぜ合わせてお楽しみください。
というご説明の通りにいただいてみると、なんとしあわせな003.gif

『ココは今までで最高のフォアグラ』と食通suzuranちゃんがおっしゃるほどだもの。
サクフワ、とろとろの食感がとてもたのしく、思わずニンマリしてしまいます043.gif

私が選んだメインは、豚のロースト。
d0188407_18452318.jpg

蒸してあるようなやわらかさで、しっとりで、甘くて、これまた感動035.gif
最近よく見かけるけれど、初めていただいたちぢみほうれんそうもおいしかったです。

こちらのお店は、メインが2段階になっています005.gif
同じ食材での2品目は、豚の頭のコラーゲンがコロッケになったもの!
これまた、サクとろでおいし~003.gif

しあわせ気分でデザートへ
d0188407_1845284.jpg

巨大いちご(あまおう)の飴がけと、ホワイトチョコのムース。
いちご自体がとっても甘く、ムースも絶妙で
さすがに最後まで手を抜きません034.gif

すべて、お味はもちろんなんですが、お皿も凝っていて
盛り付けがく美しくて、本当に素晴らしい!としか言いようがないのです003.gif

は~おいしい♪ しあわせ♪
と思っていたら、なんと、我々の結婚記念日のプレートまで用意してくださっていました053.gif
d0188407_18453130.jpg

今週なのよ、とお話していたので、お願いしてくださっていたそう012.gif
suzuranちゃんご夫妻のあたたかいお心遣いにカンゲキです!

いよいよ臨月にはいり、ベビーちゃん出産の準備に入るsuzuranちゃんご夫妻。
いつもお世話になっているのはこちらのほうなのに、なんとお礼してよいやら・・・
感謝の気持ちをこめて、ひと針ひと針愛を込めた、パッチワークのケットをお贈りしました。
d0188407_18454941.jpg

裏地はふかふかのバスタオルなので、ベビーちゃんのおくるみになるといいな♪
とっても喜んでいただけて、気持ちが伝わって、わたしもうれしいです035.gif

楽しいおいしい、スペシャルな時間を、ありがとうございました♪
かわゆいベビちゃん、楽しみにしてます058.gif






[PR]
by marco-heidi | 2013-03-10 22:38 | グルメ | Comments(2)

牛込柳町 ル・デッサン


気持ちよく晴れ渡る、三連休の中日058.gif
以前から予約していた、ご近所フレンチのランチに出かけました。

ル・デッサン
d0188407_14474931.jpg

店名にある通りのデッサン画が飾られたこじんまりとした店内は、
すっきり明るくて、とてもさわやかな印象。

もう6~7年前になるでしょうか。
たまたまご近所さんだったお友達に紹介していただいたお店です。
カラフルなお野菜をたくさん使い、芸術的な盛り付けに感動した記憶があり、
もう一度行ってみたいと思っていて、今回ようやく再訪したのでした。

d0188407_15243943.jpg

パレットを使ったテーブルセットが、久しぶりの期待を高めてくれます。

d0188407_1528446.jpg


期待通りの美しいお料理003.gif
前菜から存在感のあるおいしいお野菜がたっぷり、丁寧に飾られていて、まさに芸術016.gif

私のお願いした、お野菜で美しく囲まれた百合根のブランマンジェ(左上)は、クリーミーでコクがあり、
マルコが選んだホタテのムースは、ジュレが乗って、さわやかでこれまた美味。

マルコのメイン(右上)は、かさごの仲間という白身のおさかなが、皮パリッパリに焼かれていて
身はふんわり、ちょっとクリーミーなソースとたっぷりのお野菜ともぴったりで、かなりの満足感でした。

私のメイン(左下)は、国産和牛のミートグラタンのようなもの。
お肉の香りがとってもよくて、ポテトのピューレとチーズでアツアツうまうまでした♪

デセール(右下)は、自家製のココナツアイス、いちごソルベ、ミルクアイスに
ガトーショコラがついていて、これまたボリュームたっぷり。

見た目も、おくちも、おなかも大満足で、1950円とはなんともオトク043.gif

こちらのランチは、土日・祝日限定で、ふと思い立っても予約が取れなかったり、
ご近所にお手軽なフレンチビストロがたくさんあって、1500円くらいで充分満足できる
お店がいろいろとあるので、ついつい後回しになっていたりしていましたが、
やっぱりここはちょっとお上品で特別な感じ。

おとなりの席のご夫婦も、久しぶりにいらしたらしく、
一皿ずつ運ばれてきては、すごい!美しい!おいしいねぇ。ちょこちょこ来たいね。
と話されているのが耳に入って、私も!とちょっとうれしい気分になりました045.gif

おいしいフレンチをいただきながら、マルコと今まで一緒に食べてきた
おいしいものを振り返ってみたりもして。いろんなことがあったなぁ。

おいしいものを、楽しくいただけて、今日も平和でありがとう035.gif


一度おうちに戻ってから、街に出る予定だったのが、
おなかが満足してまったりして億劫になり037.gif

おひなさまを出すことにしました。
d0188407_1844530.jpg


姉の初節句から早やウン十年。
アンティークの域に入りはじめたおひなさまは、やっぱり年に一度はお顔を見たくなります。

女の子って楽しいなぁ056.gif



[PR]
by marco-heidi | 2013-02-10 18:44 | グルメ | Comments(0)


カテゴリ
最新の記事
2017☆あけましておめでと..
at 2017-01-07 16:20
ありがとう 2016
at 2016-12-29 16:16
2016 軽井沢の想い出 そ..
at 2016-12-10 23:17
2016 軽井沢の想い出 そ..
at 2016-12-06 23:20
2016 軽井沢の想い出 そ..
at 2016-12-05 13:11
最新のコメント
*すずらん*ちゃん ..
by marco-heidi at 20:54
ちらし寿司おいしそー! ..
by すずらん at 15:23
*ロンスマ*ちゃん さ..
by marco-heidi at 16:35
猿田彦コーヒー!なんてす..
by londonsmile at 21:41
*ロンスマ*ちゃん お..
by marco-heidi at 12:01
アタシ、メイワクなんです..
by londonsmile at 09:08
*ロンスマ*ちゃん そ..
by marco-heidi at 20:52
えー!?富士〜サファリパ..
by londonsmile at 07:25
*ロンスマ(悪いお姉)*..
by marco-heidi at 21:51
悪いお姉ちゃんです(笑)..
by londonsmile at 02:46
フォロー中のブログ
エキサイト以外のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧